箱根つたや旅館 ONSEN GUIESTHOUSE TSUTAYA

NEWS

2021.12.10

番外編 箱根つたや旅館”2年を振り返って”

こんにちは!
2周年を迎えてから約2週間が経ちました。

11月26日(いい風呂の日は)には、
2周年を記念して日帰り温泉を500円でご案内したこともあり、
沢山の方にお越しくださいました!

当日だけでなく、お時間あるタイミングにお祝いで来てくださった方も多く、
皆さんの応援があり2周年を迎えることができたと実感しました。
(地元の方や、オープン時に来てくれた方、コロナが落ち着いたからと2周年のタイミングでまた来てくれた方、以前つたや旅館で一緒に働いた仲間など紹介しきれない方々が来てくださいました。お土産もありがとうございます。)

この2年振り返ってみると、あっという間だったなと感じる反面、
色々な出会いがあり、色々な事もあり、沢山の思い出がある2年でした。

もしかすると、2周年なんてまだまだだー、大げさなーと感じる方が大半かもしれません。
けれどオープンして間も無くコロナ禍を迎えた私たちにとって、
毎週ゲストにお会いできる事は、当たり前のようですが、とても大きな事です。
だからこそ、ゲスト一人一人との出会い、思い出が私たちにとって宝物に感じます。
コロナ禍を経験した私たちは、今後もゲストに対するこの気持ちは、忘れることがないと思います。

それでは、また12月26日に、、、。

番外編なので、この辺りで今回の記事を終えるのもいいかなとも思いましたが、
ブログを書き始め1年と5ヶ月、もしかするとこの記事がつたやブログを初めて見る方もいるかもしれません。
いつもは、ゲストとの思い出を振り返るブログですが、今回はつたや旅館について少しだけ思い出を振り返ろうかなと思います!

ぜひ最後までお付き合いください。

江戸時代に創業された「つたや旅館」。
敷地内で噴出している”底倉温泉”は500年以上の歴史があり、あの豊臣秀吉が傷を癒した温泉としても有名です。
旅館、温泉共に歴史を築き上げているつたや旅館ですが、現スタッフの私たちは10代目として継承をしていただき、
「老舗旅館型ゲストハウス」として新たなゲストハウスの在り方を築き上げようとリノベーションをしました。

遡る事2年前、箱根つたや旅館がオープンしたのは、2019年11月26日。
温泉のあるゲストハウスとして、語呂合わせで、「いい風呂の日」になる11月26日にはオープンをしようと、急いで開業準備をしていました。
というのも当時、プレオープンで営業をしていた姉妹ホテルの「葉山うみのホテル」が10月末までの営業をしており、
手が空いたスタッフから開業準備のため、箱根へと移動をしてきたのが11月直前でした。
いつも見る景色が海から山へとガラッと変わり、普段と見慣れない環境に浮かれそうになりつつも、
開業に向け気持ちを切り替え、毎日開業準備に奮闘していたことが懐かしいようで最近のようにも感じます。

晴れて、予定していた11月26日(風呂の日)にオープンを果たした箱根つたや旅館は、
ゲストにも恵まれ初日からコンセプトでもある「世界各国、日本各地から訪れた旅人同士が一期一会を楽しむ」が形となりました。
また江戸時代から続く「つたや旅館」は、以前利用していたゲストが来られる事もあり、本当に受け継がれているんだなと感じさせる出会いもあります。


※2019年11月26日 オープン日にスタッフとゲストでコタツを囲み談笑をしていた写真

オープン日から2月末までの約3ヶ月間、日本人だけでなく世界各国色々な場所から沢山のゲストがつたや旅館にお越しくださいました。
今現在も、ラウンジスペースに設置している世界地図はゲストの出身地に画びょうを刺していただいてますが、3ヶ月間で沢山のピンが立てられました。


※世界各国から訪れたことがわかる世界地図


※自由に思いを書き込めるメッセージカード


今まで頂いたメッセージカードはファイルに保管し、ラウンジで誰でも見れるように展示しています。

しかしながら、3月を迎える頃今もまだ続くコロナウイルスが日本でも増え続け、
毎日満員近くだったバスも片手で収まる人数しか乗っていなかったりと、日に日に箱根で見る観光客の姿が減り続けました。
当時、「葉山うみのホテル」のグランドオープンに向け10人以上いたスタッフも半分以下になるタイミングでもあり、
コロナウイルスの影響がさらに不安を煽る形でやってきたのです。

3月を終えた頃、箱根では今まで見た事のないシャッター街、そして公共交通機関の本数も減少、今思い返しても異様な日々でした。
結果的に、箱根つたや旅館も4月から6月上旬まで休業をせざるを得ない状況となり、オープンして4ヶ月しか経たない中、長期の休業をしました。

休業中は、営業を再開した後どうしたら安心して来てくれるだろうか。
どうしたら安心して滞在を楽しんでくれるだろうか。そんなことを毎日考える日々でした。


※滞在中そして帰りの際も少しでも感染予防になればという思いで、お越し頂いたゲスト全員にお渡した持ち運び用アルコールスプレー(現在は、必要な方のみお渡ししてます。)


※接触を避ける中で、少しでも食事処や観光スポットを伝えられるようにと作ったオリジナル案内アプリ(現在もご利用いただけます。)

そんな2ヶ月を経て、2020年の6月13日より営業を再開しましたが、感染者はまだまだ多く、週末のみ営業とし再スタートをしました。
(今は感染者が少なくなっていますが、今年中は週末営業を続けております。)

そして、営業を再開をしたと同時に始めたのが、この「つたやブログ」です。

旅行が懸念される世の中で、スタッフはどういった気持ちでみんなを待っているのか、
気軽に旅行に行けない気持ちを少しでも不安を取り除き安心してもらう方法はないかなど考えた時に、
つたや旅館に実際にお越し頂いたゲストとの思い出や過ごし方を伝える事で「旅行に行っても働く人たちにとって迷惑ではないのか!」、「自分が行った時も同じような過ごし方をしたい」など旅行に対する良い面を感じてもらうことで、気持ちの後押しができればいいなと思いブログを始めました。

再スタートした箱根つたや旅館ですが、営業日数が少ない中でもお越しくださるゲストとの出会い。
夜のラウンジでゲストと沢山のお話をした時間。花火大会が減ってしまった2年間でしたが奇跡的にゲストと一緒に見ることのできた花火大会。沿道での応援を制限されラウンジでプロジェクターに映し出し室内で応援した箱根駅伝。時にはゲストとの出会いだけでなく箱根で働く人達との出会いもありました。

そんな日々の、振り返りと紹介の意味を込めて毎月26日(風呂の日)につたやブログを更新しております。
当初「どうにか旅行への悪いイメージを払拭したい」そういった思いから始めたブログですが、
今ではゲストとの思い出も増え、自分達にとっての宝物が増えていく嬉しさもあります。

インスタグラムやツイッターでは、紹介しきれない過ごし方やスタッフの想いを「つたやブログ」では紹介してます。
細かく振り返ってしまうと長くなってしまうので、ブログが開設されてからの日々が気になった方は少し前のブログを遡ったり、
もしくは今後毎月の楽しみになってくれれば嬉しいです。

まだまだ未熟な私たちかもしれませんが、箱根での時間を楽しんで頂けるようにできる限りのおもてなしをさせて頂きます。
そして、歴史あるつたや旅館を引き継いだ私たちは、より多くの人たちにつたや旅館を知ってもらい、愛され、ゲストと共にさらに時代を築いていきたいと考えてます。

3年目の箱根つたや旅館も、どうぞ宜しくお願いします。

close
Guests
adults1
Schedule
戻る →
  • Arrival---- / -- / --
  • Deperture---- / -- / --